FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

虎観戦記 114【9/5】

マツダスタジアム
阪神 400 100 024 11
広島 200 001 000 3
本 大山3号 鈴木28号 丸32号
○岩貞6勝7敗 ●九里7勝4敗
阪神 岩貞、能見、望月
広島 九里、戸田、今村、佐藤

試合の前に由宇練習場へウエスタンリーグの観戦へ。
広島市内から車で90分。遠い。この隔離された地にいつまでもいてはいけない、そんな気にさせるくらい周りには何もない。
そのハングリー精神が若鯉を育んでいるのかもしれない。
DSC00598.jpg
観客席は全て芝生。平日の昼間なのに、まあまあ人がいる。

松田
松田遼馬。(GIFファイルなので、クリックするとフォームが見られる!)
頑張っていた。

DSC00680.jpg
モイネロ。華奢な体から鋭いボールをバンバン投げ込んでいた。キューバ人恐るべし。まだ22歳。

DSC00684.jpg
コーチ感が半端なかった寺原。ボールを握るだけで、ブルペンで投げるどころかグローブさえ付けなかった。

タイガースがファーム優勝するためにカープにはソフトバンクに勝ってほしかったが、グダグダの立ち上がりだったソ軍古谷を攻めきれず、結局2-5でカープは負けた。
そんな試合観戦中に「新井引退」のニュース速報。
広島ファンの友人はファームの試合どころではなくなり気もそぞろ。
今日のマツダでの試合はいきなり別の意味を持ち始めた。

DSC00740.jpg
スタジアムは新井が姿を現すだけで、ざわつく。
打撃練習を終えた江越が挨拶へ行く。駒澤大学の後輩であり、背番号25を受け継いだ江越。今のところダメなところしか学んでいないようにみえるが、これを機にその潜在能力を覚醒させてほしい。

試合は制球の定まらない初回の九里の立ち上がりを攻め立て一気に4点を先制。
だが、まだ岩貞はマウンドに立ってすらいない。4点のリードはありがたいが、全然勝っている気分になれない。
案の定、すぐさま鈴木に2ランを浴び、2点差に詰められる。もはやリードは無いも同然。
4表、梅野のツーベースから岩貞がフォアボール。これが大きい。昨日のメッセがジョンソンに与えたフォアボールと同じシチュエーションである。この落ち着きを取り戻せなかった九里を糸原が見逃さない。しっかりとライト前にタイムリーを放ちリードを3点差に。
相手に主導権を渡さないのは投手が抑えることも大事だが、打線が次の得点を取ることも大事。これが出来た。
岩貞は7回を7安打3失点でまとめた。強力カープ打線に上々のピッチング。
8、9表は打線が爆発。マツダでこんなに打つことが出来るなんて。
非常に気持ちの良いゲームとなった。
カープ相手に18試合目にして初勝利の岩貞。これを自信にこれからはカモにするくらいの気概で臨んでほしい。

さて、新井。
いつ登場するかが見ものだったが、それは案外早く訪れた。
5裏。
西川、田中が連打で出塁し無死1、2塁。3点差の場面でバッターは会沢。
ネクストには新井がいる。
まず送りバントだろうと思ったが、広島ベンチは強行策。会沢はヒッティングに出てサードゴロ併殺打に。
チャンスは一気にしぼみ、新井は下がるかと思ったが、そのまま打席に立った。
これに広島ファンの友人が憤慨。
「引退発表をしたその日の打席はファンも注目する場面。チャンスならいざ知らず、それが消えたところでの起用は無駄使いに等しい。会沢が倒れた時点で別の代打(たとえば堂林)に切り替えるべきだ。そもそもなぜ会沢にバントをさせなかったのか。打撃の良い会沢にバントをさせるのがもったいないことはわかるが、まず1点でも取って阪神を脅かすことが先決ではないのか」
以上、憤慨理由。
結果、新井は三振。
新井
確かに5回で新井は早い。(このファイルもGIF)
緒方監督にエンターテイナーの素質は無い。

DSC00897.jpg
大勝。気持ちよし。

DSC00966.jpg
マツダは相手勝利インタビューを場内に流さないので、何を言っているのかはさっぱりわからない。
とりあえず、最後に「誕生日おめでとう」と叫んでおいた。
スポンサーサイト

コメント

Secret

PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード