FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

虎観戦記 111【9/1】

阪神甲子園球場
ベイ 003 000 000 3
阪神 200 030 30X 8
本 福留13号
○岡本1勝 ●京山5勝5敗
ベイ 京山、中後、藤岡、石田、砂田
阪神 小野、岡本、桑原、藤川、ドリス

甲子園で38日ぶりの勝利。高校生に明け渡していたとはいえ、本拠地のファンに一ヶ月以上白星を届けられなかったとは情けない。
クライマックスシリーズ進出が最大の目標になっているが、残り32試合のうち半分を甲子園で戦わなくてはいけない。
甲子園での勝率を上げない限り、その目標には届かない。ここからが正念場。

福留のテクニックが光っていた。
初回の先制点をあげたタイムリーの場面。無死1、2塁。
京山の初球は外角高めの緩い変化球。ボールと見送ったが、判定はストライク。
思わず首を傾げたが、判定が変わるわけもない。
2球目をファール、3球目はボール。
4球目、伊藤光の構えは内角低めだったが、京山の放った変化球は初球と同じく外角高めへ。見逃せばボール球だが、初球でストライク判定されているコース。上手くあわせて打球は三遊間を抜けるレフト前ヒット。
球審の判定への不満をバットで晴らすベテランの巧みなバットコントロールが、連敗にあえぐチームの暗い雰囲気を吹き飛ばした。
5裏には相手守備がもたつく間にホームまで陥れるタイムリー(実質3ラン!)、7裏には正真正銘ホームラン。
キャプテンの獅子奮迅の活躍が、久々の甲子園勝利をもたらしてくれた。

一方でいただけなかったのは、小野。
3表の失点は一死から9番の石川に一度もバットを振らせることなくフォアボール。無駄なランナーを得点につなげるのが我らが投手陣の得意技。
一気に逆転を許した。
4表、今度は先頭の投手京山にフォアボール。次打者石川のゲッツーで得点にはつながらなかったが、印象は悪い。
その裏の打順で代打を送られた。
ここまで先発ローテを守り続けていることは評価に値するが、この無駄をなくしていかなければ舩木みたいな投手で終わってしまうぞ。君の目標はそんなに低くないはずだ!
スポンサーサイト

コメント

Secret

PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード