FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

回顧・ジャパンカップ

1着 -ジェンティルドンナ
2着 ○オルフェーヴル
3着 ◎ルーラーシップ
4着 ▲ダークシャドウ
5着 -フェノーメノ

「脱帽するしか無い。」
と書いたら、その通りになってしまった。

好位につけて、しっかりと折り合っての戴冠。
見事な騎乗。と、書きたいところだが、そうではない。
20分に及ぶ審議を経ての決着だった。
問題になったのは直線での攻防。
直線で加速するジェンティルドンナの前に逃げていたビートブラックが失速して後退。進路を塞がれまいと、右側に持ちだしたが、そこにはオルフェーヴル。構わず左ムチを振るう岩田騎手だったが、ジェンティルドンナはそれでさらに右にヨレて、オルフェーヴルに体当たりをする形になった。

勝負どころで寄られたオルフェーヴルはかなりのダメージだったろう。
レース後に池江調教師も「あれだけはじき飛ばされたら、どんな馬でも失速する」と言えば、池添騎手も「あの判定はどうかと思います。ちょっと納得がいかない」と語ったと報じられている。

馬の能力を全力で出し、ただ勝てば良い、というのが競馬ではない。
馬を制御した上で、勝ってこそである。
それこそが騎手に求められるものだ。

この秋一番の大レース後に、幾度と無く流れるパトロールビデオ。
祭典に水を差したことは間違いない。


とはいえ、ジェンティルドンナが悪いわけではなく、彼女はとても強かった。
古馬との4キロ差が効いたとは思うが、勝つほどのパフォーマンスを見せるポテンシャルがあるとは思わなんだ。
また一頭、日本に化物みたいな馬が誕生した。

◎ルーラーシップはイレ込んで、スタートで出遅れる致命的なミス。
最速の上がり(32.7)で駆けてきたが、届かなかった。
状態万全で、勝つならココだと勝負したのだが・・・
▲のダークシャドウは見事。初距離をこなし、勝ち馬と同じ上がり(32.8)で駆けた。
多分、デムーロのおかげだと思う。

つくづく、ジェンティルドンナがいなければと思ってしまう。
無念。

【収支 +16570円】

減ったなあ。
来週から朝日杯までは大人しめに買って、有馬記念の資金を貯めていこう。
スポンサーサイト



PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード