FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

回顧・フェブラリーステークス

1着 △テスタマッタ
2着 △シルクフォーチュン
3着 ◎ワンダーアキュート
4着 △ダノンカモン
5着 ▲エスポワールシチー

まさかトランセンドが掲示板にも載らない結末になるとは思わなかった。
その馬の1・2着限定の3連単馬券を買ってるのだから、当たりっこない。
おしても行かなかった、というのは藤田騎手のコメント。7着に惨敗してもドバイには行くらしい。
大丈夫だろうか。

まさかのレースを制したのはテスタマッタ。大外から見事な脚だった。
それと共に目を見張るのはシルクフォーチュン。出遅れながらの2着は価値がある。
本命に推したワンダーアキュートはイマイチ切れずギリギリの3着。

出だしで躓いた2012年のGⅠ。
何とかしないと。

【収支 -9600円】

●反省点
失敗を顧みない奴は伸びない、と星野仙一監督は言った。
今年は外れたレースを振り返る。

何がいけなかったんだろう?
原因:トランセンドを信用しすぎたが為に、軸を絞った3連単購入の方向に傾いた。

この日のレーシングプログラムの裏表紙に《競馬を愛した人々》として菊池寛のお話が載っていた。
そのコラムは菊池先生の競馬哲学で締めくくられていた。
「堅き本命を取り、不確かなる本命を避け、たしかなる穴を取る。これ名人のいきなれども、容易に達しがたし」
トランセンドは不確かなる本命だった。テスタマッタというたしかなる穴をとらなくてはならなかった。
これを見抜かないといかんのだね。
トランセンドにはJCダート以来の実戦、ドバイを見据えた調整等、重箱の隅をつつくような欠点はあった。
この不安要素を重くみて、軸からは蹴飛ばす勇気が必要だったのだろう。

1倍台の人気馬の取捨選択は本当に大事だ。
スポンサーサイト



PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード