FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

2018年 プロ野球順位予想

セ・リーグ
阪神
巨人
広島
ベイ
中日
ヤクルト

パ・リーグ
楽天
ソフトバンク
西武
ロッテ
オリックス
日本ハム

まずはセ・リーグから。
タイガースの1位予想は致し方なし。予想というより願い。
でも、キャンプからケガ人がほとんど出ず、選手たちのコンディションは良いように思う。
オープン戦で2勝しかできなかったのはご愛嬌。本番で勝てば何の文句もない。
去年ほど中継ぎがうまくいくとは思えないが、そこを若手の谷川や島本、山本あたりがカバーできるようになっていくと面白いのでは。
打線はとにかくロサリオしだい。これがサッパリだと去年と何も変わらないので優勝は難しい。なので、とにかく打ってほしいし、ケガに気を付けてほしい。好不調の波がある大山や糸原がいかに好調を維持できるか、それがダメだった時に西岡や北條、植田などの控え組が台頭できるかも躍進の鍵を握っている。
あとは藤浪。ちゃんと調整出来た今年がダメならもう希望はない。とにかく頑張ってほしい。信じているよ。

なんだかんだ巨人は強いと思うが、マイコラスの穴は痛い。カミネロの不安は上原の加入で払拭できそう。
吉川、岡本といった期待の若手が浮沈のキーマン。
広島は石井琢朗、河田の両コーチが抜けたのが響くとみた。
ベイは投手陣が出遅れているのが気になる。打線も去年ほど弾けるか怪しい。
中日は上がり目がない。今年も大島がケガしたら目も当てられない。松坂が奇跡的な活躍をしない限り厳しい。
ヤクルトは去年が惨敗だったのにロクに補強もせず、何を考えてるのかさっぱりわからない。いくら宮本がヘッドになっても、青木が帰ってきてもこの惨状からは抜け出せまい。

パ・リーグ。
楽天と日本シリーズを戦って星野仙一との約束を果たそうじゃないか。
その思いのみで1位は楽天。
ソフトバンクは普通に強い。まともにいけば楽に日本一。
西武は地力がある。山川や外崎といった有力な若手選手が次々に育つのがうらやましい。
ロッテは戦力的な上積みが乏しいか。井口のさわやか采配がどこまで通用するか。
オリックスは福良監督のオーラがなさすぎる。
日本ハムは大谷の抜けた穴が大きすぎる。数年は埋められないのでは。大野も出ていったし、清宮も出遅れてるし。
スポンサーサイト



虎観戦記 40【5/21】

明治神宮野球場
阪神 002 000 300 5
ヤク 021 010 000 4
本 バレンティン7号 高山3号 上本2号 坂口1号
○桑原3勝 ●ルーキ1勝4敗 Sドリス2敗17S
阪神 小野、桑原、岩崎、マテオ、ドリス
ヤク 星、ルーキ、石山、近藤

@フジテレビONE

BS1の『球字苑』(テーマは「球持ち」)という番組で江夏が「強い気持ちで投げることが大事」だと言っていた。
ここ2年ほど春季キャンプでタイガースに指導してくれているが、藤浪や岩貞、松田にはちゃんと伝わっていないみたいなので、来季こそ、その極意を教えてあげてほしい。

連敗ストップ。
ドラフト2位投手・小野は4回1/3を4失点。
それなりに良いボールもあったし、フォアボールも1個だけ。バレンティンに力でバックスクリーンに持っていかれたが、藤浪や岩貞に比べればマシだ。まあ及第点。
7表の3点は内野安打2本とルーキの暴投で得た。ヒーローインタビューにはホームランとその内野安打を打った高山が選ばれていたが、殊勲は伊藤隼太だろう。
一死1塁で1塁線を破る2塁打。130球を放っていた星をマウンドから引きずり下ろし、その後のルーキ劇場を呼び込んだ。
なかなか打ち崩されていないとはいえ、新人投手を130球まで投げさせるところに、ヤクルトの台所事情がうかがえる。
ともあれ、ルーキ。
高山、上本は打ち取った当たりなのに、それがタイムリー内野安打で同点。イラつく展開にボールが手に付かなかったのだろうか。
一死2,3塁。福留を敬遠させるその3球目を立っている中村のグローブの上に投げる大暴投。決勝点を与えた。
座ったまま投げさせれば良かったとも思うし、そもそも全然打ててない福留を歩かす策も疑問だったが、助かった。
メジャーでは申告すれば敬遠球は投げなくても良いルールが導入されたが、こういうドラマもあるので、何でも追従のNPBにはよく考えてもらいたいと思う。
僥倖で得たリードを岩﨑、マテオでしのぎ、9裏のドリス。
不運な内野安打と自らの失策で無死1,2塁のピンチを招く。
代打の大松。
カウント2-2からの5球目の内角低めのストレートはストライクだと思ったがボール判定。
ファールを挟んで、7球目の内角ストレートもストライクだと思ったがボール判定でフォアボール。満塁。
審判ふざけんな!
とひとり自宅で叫んでいたが、ドリスも腹を立てていたのだろう。
気迫で山田、雄平を連続三振。
山田にポール際にあわやホームランの当たりを打たれたが、あんなのは打った瞬間にファールだとわかる。いちいち騒ぎ立てるフジテレビONEへのイラ立ちも、最後は雄平への155キロ内角ストレート空振り三振ですべて晴れた。
日曜日は7連勝。貯金を二桁に戻した。
40試合目で貯金10になったことは過去6度あり、いずれも優勝か2位なのだという。
今年が例外にならないことを切に願う。

順位予想2017

セ・リーグ
1 阪神タイガース
2 東京ヤクルトスワローズ
3 読売ジャイアンツ
4 広島東洋カープ
5 横浜DeNAベイスターズ
6 中日ドラゴンズ

パ・リーグ
1 福岡ソフトバンクホークス
2 埼玉西武ライオンズ
3 北海道日本ハムファイターズ
4 千葉ロッテマリーンズ
5 東北楽天ゴールデンイーグルス
6 オリックスバファローズ

まずセ・リーグ。
阪神の優勝はファンなので仕方ない。たとえその力が備わっていなくとも、順位を下げるわけにはいかない。
ただ、昨年よりも若手選手が場馴れしてきたことは間違いないので、藤浪さえまともに投げてくれれば、Aクラスは間違いないはず。
オープン戦から高山の進化が凄まじいので、期待している。

ヤクルトは打ち勝つイメージ。少々打たれても大丈夫な気がする。
WBCで気をよくしたバレンティンがメジャーとの大型契約を勝ち取るために爆発するのではないか。

ジャイはベテランに戦力が傾いていることが気になるが、地力が上。Bクラスにはなるまい。

黒田が抜けたカープに2連覇はない。野村が去年並みの活躍をするとも思えず、新井も去年並みの成績なんか残せるわけがない。
25年分の奇跡が集結してなしえた優勝。また、あと25年待ってもらおう。

ベイはつつごーだけ気を付ければ大丈夫な気がする。
評論家たちの評価が概ね高いのが意味不明だが、所詮はベイスターズだしラミレス監督。
今永、石田に期待する声が大きいが、実績もない若手が山口の穴を埋めるほど活躍できるだろうか。

中日は最下位予想だが、ダークホース。
タイガースも獲得を検討していたゲレーロが活躍したら悲しいな。うちのキャンベルはまだ手首が痛いみたい。。。
京田やら溝脇やら地味な若手が意外と活躍する気がする。


パ・リーグ。
ソフバンは戦力が強大すぎる。デスパイネをロッテから強奪したのはよほど去年のV免が悔しかったのだろう。
WBCから漏れて悔しくないはずがない柳田も怖い。

辻監督が良さそうな西武を2位に推す。
木村文紀がタイガースとのオープン戦で長打の才能を見せつけていた。注目したい。

日ハムの順位は大谷次第。
20勝+三冠王を目指してほしいが、過保護政策によって無理そう。
オフにはメジャーに行ってしまうかもなので、観に行くなら今年が最後のチャンスか。

ロッテはデスパの穴が痛すぎる。
佐々木千隼がどこまでやれるのかは注目したい。

楽天は相変わらずの外人打者頼み。ケガ人も続出で前途多難。

オリックスは負のオーラ感が拭えない。
オーナーから歌を忘れたカナリアとまでこき下ろされたが、見返せるのか。
吉田正はまたしても腰痛で出遅れ、糸井の穴は到底埋まりそうにない。厳しい戦いが続くと思う。

WBC2017

米 000 100 010  2
日 000 001 000  1
本 菊池
○ダイソン ●千賀 Sグレガーソン

今年最大のスポーツイベントが終わってしまった。
「世界一奪還」を掲げて挑んだ日本代表は準決勝でアメリカの前に散った。
残念だが仕方ない。
名手と謳われる菊池がエラーをし、ゴールデングラブ賞の常連である松田がボールを捕り損ねて決勝点を許した。
アメリカの得点はこの二つの守備のミスがらみ。逆に言えば、日本のミスを逃さずにモノにしたということ。
今日に関して言えば、野球巧者はアメリカだった。

ラッキーボーイなどと言われていた小林だが、大会を通してその配球に疑問点が残った。
素人のファンが何を言っても始まらないが、この試合でも8表にキンズラーに許した2塁打はファール2球で追い込みながら3球目に真ん中に甘く入ったスライダーを左中間に持っていかれたものだった。
もうストライクの球はいらない場面、カウントをいっぱいに使って慎重に勝負してほしかったが、キャッチャーミットは真ん中に構えられていた。次の一点がどちらに入るかで勝負が大きく分かれる所で何故勝負を焦ったのか理解に苦しむ。

小久保監督は退任するとのこと。
もともと誰も引き受けなかったのを人身御供的に押し付けられた感がある。
指導経験もない中での監督就任である。はじめは言うことを聞かないスタッフや選手もいただろう。様々な批判も数多くあったに違いない。
私も今大会の采配、起用法には納得いかない部分もあった。
だが、それでも日本を準決勝にまで連れてきて、勝利まであとわずかのところまで来た。
それなりに役目は果たしたと思う。
常設の日本代表を作ったからには次期監督をすんなりと決めていくのがNPBの大事な仕事である。ゴタゴタを表面化させることなく決定させてほしい。
次期監督には2020年の東京五輪、2021年のWBCという2大イベントが控えているが、小久保でもできたのだから、選出のハードルはだいぶ下がったはずだ。

野球人口が減っていく中で子供たちに世界で活躍する姿を見せられたのは良かった。
視聴率も予想以上に良かったということだし、想像以上に盛り上がったのではなかろうか。
まだまだ優勝が現実的ではないサッカーのワールドカップよりも野球の方がよっぽどそれに近い立ち位置にいる。
遠く儚い夢よりも現実的な夢に子供たちがくらいついてほしい。サッカーの日本代表も応援しているが、野球が強い日本の方が私は好きだ。
ベスト4に進出した国でメジャーリーガーが最も少ないのは日本。青木の一人のみ。
その他3ヶ国がメジャーリーガーを多数そろえていた中で、誇らしいことである。
メジャー関係者が上から目線で「何人かの選手はメジャーでもやっていけると思うよ」などと得意げに語っている記事を多く目にするが、日本の国内リーグは世界トップレベルであって、メジャーよりも力量が低いという見方がおかしい。
(驚異的な力を持つ怪物選手(スタントンとか)が多いというところにNPBの選手たちが惹かれるのは仕方ない)
今回、優勝こそできなかったが、この評価が少しでも変わってくれていればいいなと思う。
そして、MLBの覇者とNPBの覇者が世界一を競う本当の意味での【ワールドシリーズ】が開催されてほしい。

虎観戦記 143 【10/1】

巨人 000 000 000 0
阪神 210 000 21X 6
○岩貞10勝9敗 ●大竹6勝6敗

@プロ野球速報アプリ

6連勝で迎えた最終戦は福原忍のラストゲームである。
暗黒時代を経験した。栄光の優勝も経験した。そして、球団最長在籍投手となった福原の引退試合なのだ。
今年は2軍でも打ちこまれ、あの剛球を披露できなくなっていた。ちゃんとケアすればまだ来年も見られると思っていたから、とてもショックで残念な引退表明だった。
戦力外報道も堪えたのだろう。
人柄も良く、後輩選手から慕われた人格者。
この男の最終戦に負けるわけにはいかない。
その気迫が全面にあらわれた試合だった。
ゴメスのタイムリー、北條の犠牲フライで3点のリードを岩貞に与え、安定感のある投球を手助け。
7回には上本のタイムリーでリードを5点に広げた。
そして8表。
福原の登場。
対するは立岡。すべてストレートで勝負。
3球目をレフトフライ。
ここで、安藤に交代。
福原から安藤。今までに何度となく見たこの光景もこの日が最後。
涙なくしては見られないシーンだった。
ありがとう福原。
35を過ぎてから、直球に磨きをかけ、強打者に向かっていく姿は誇らしくカッコよかった。

7連勝でシーズンを終えたが、一抹の寂しさも残る試合だった。
来年に向けて好材料もあれば、不安材料もある。
超変革はまだまだ終わらないだろう。
去ってゆく者も多くなるに違いない。
前回の優勝から早11年。和田政権でクライマックスは突破したが、優勝の喜びを知る選手はほんの一握り。
勝負所で勝ちきれない、という課題をどう克服するのか。
じっくりと見守っていきたい。

最終戦績
4位 64勝76敗3分
PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード