FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

回顧・朝日杯フューチュリティステークス

1着 ☆アドマイヤマーズ
2着 -クリノガウディー
3着 ○グランアレグリア
4着 ◎ファンタジスト
5着 -ディープダイバー

参加中のイベントは覚えることが極めて多く、付いていくのが精一杯。いや、付いていけているのかも怪しい。
しかも一日中、身体を動かしているので筋肉が悲鳴をあげている。
あと5日、頭と体は持つのだろうか。。。

打ちひしがれながら帰る道で観た朝日杯は、全く癒しにならなかった。
アドマイヤマーズ、粘り強い勝利だった。
意外だったのはクリノガウディー。ここ10年、前走掲示板外の馬は1度しか来ていなかった。
それが2011年のマイネルロブスト。前走東スポ杯2歳ステークス9着。
クリノガウディーの前走は東スポ杯2歳ステークス7着。東スポ組はこの馬1頭だけ。
こういう何気ないリンクを捉えなきゃいけない。
今後の糧としよう。

ファンタジストは4着。豊いわく「内枠が欲しかった」と。まあ、これも運。仕方ない。

連は外さないと思ったグランアレグリアは3着。
強そうに思えても、こんな結果になる。
来週は有馬記念。
応援したいが、無謀な挑戦にも思えるオジュウチョウサンをどうするかを考え続ける一週間になる。
あ、そんなことを考える余裕は、無いんだった。
スポンサーサイト

第70回・朝日杯フューチュリティステークス

◎ファンタジスト
○グランアレグリア
▲マイネルサーパス
☆アドマイヤマーズ
△ドゴール
△ニホンピロヘンソン

-こう買う-
土曜日から野球観戦の幅を広げるための一大イベントに参加中で、これがとてもちゃんとしたモノなので、これまでの現場仕事のように撮影途中にちょっと抜け出してスマホ観戦なんてことが出来ない。
なので、このレースはイベント終わりのホテルへの帰り道で観戦することになる。歓喜の帰路にしたい。
本命はファンタジスト。
武豊の中央GⅠ完全制覇はこの朝日杯が長いこと壁になっている。もたもたしているうちに新たにホープフルステークスまで誕生してしまい(しかも今年は騎乗停止で乗れない)、その壁はまだ高い。が、あらゆる記録を塗り替えてきたスーパースターだもの、きっとこの偉業を成し遂げてくれる。その為には、この朝日杯をファンタジストで勝利し、大記録への機運を盛り上げ、来年のホープフルステークスで良い馬が回ってくるように仕向けなければならない。
先週がダノンファンタジー。ファンタジーの流れでファンタジストが来ないものか。
グランアレグリアは前走が強い競馬。ルメールが致命的なミスを犯すとは思えず、牝馬とはいえ連は外さなさそう。
この2頭から3連単で流す。

【買い目】
3連単
ながし
2頭軸マルチ
2-14-4・5・6・13
24点×200円:4800円

合計4800円

回顧・阪神ジュベナイルフィリーズ

1着 -ダノンファンタジー
2着 ◎クロノジェネシス
3着 -ビーチサンバ
4着 -シェーングランツ
5着 -プールヴィル

振り返っていなかった。
外れるとこれだから良くない。

ダノンファンタジーが強かった。
◎クロノジェネシスも頑張ったが2着。馬の差か、騎手の差か。

穴指名の○ジョディーは16着、▲レッドアネモスは9着、☆グレイシアは15着。
これじゃあ当たらない。

しかし、今秋の私は余裕がある。
これしきの敗戦では全くへこたれない。

今週も2歳GⅠ。何やら堅そうだが、そこをきっちり仕留めてグランプリへの資金を稼ぐ。

【収支 +86710円】

第70回・阪神ジュベナイルフィリーズ

◎クロノジェネシス
○ジョディー
▲レッドアネモス
☆グレイシア

-こう買う-
香港国際競走が同日に行われるので、ルメール、デムーロがいない。ついでに言えば川田も岩田もいない。
ジャパンカップのライバルとも言えるこの香港のGⅠデーに年々差をつけられている気がする。
日本の馬がこの香港のレースを目標にしたりもしているのだから、それも当然の結果とも思う。
JRAはこの現状をどう捉えているのだろう。
とまあ、いちファンは思うわけだが、そこにレースがあれば誰がいようがいまいが馬券は買うのだ。
今秋の好調を支える騎手理論から入ればC・デムーロか戸崎か武豊、福永あたりが狙い所だが、ここは関西若手ホープ(といっても、もう32歳)の北村友一に期待したい。年を追うごとに成績が上がり、現在(12/8時点)リーディング5位の89勝。年間100勝も手が届く位置にいる。ルメール、デムーロ、川田、武豊、福永と腕の良い騎手が勢ぞろいする関西でこの成績は立派。そろそろGⅠジョッキーになってもいい頃合いだ。
その北村のクロノジェネシスは前走で見せた驚異の末脚が武器。2歳馬で32.5は驚きだが、今秋の東京はJCでもそうだったように時計が出やすいのだろう。が、そんな事情を割り引いても凄いタイム。直線一気の競馬で突き抜ける。
相手は逃げ残りそうなジョディー、ここ5年で3度の馬券圏内に入っている好相性戸崎のレッドアネモス、同じ誕生日のグレイシアと穴っぽいところ指名。
3連複で攻める。

【買い目】
3連複
フォーメーション
9-2・12・16-全通り
45点×100円:4500円

合計4500円

回顧・チャンピオンズカップ

1着 ◎ルヴァンスレーヴ
2着 △ウェスタールンド
3着 ○サンライズソア
4着 -アンジュデジール
5着 △オメガパフューム

的中!
3連単
2-12-9
273.1倍×100円:27310円

4800円の購入なので、22510円のプラス。

私の誕生日馬に今秋の師匠モレイラ先生が絡む、理想の形。

ルヴァンスレーヴの勝ちっぷりは見事だったが、ウェスタールンドの最後方から最内を上がり最速の脚で突いたレースぶりも見事だった。
うまいこと前が空いたのもラッキーだったが、そういう運も実力のうち。
穴馬が来てくれたおかげで、2万馬券を獲得できた。
藤岡佑介。えらい。

アーモンドアイに続き、ダートでも3歳世代で怪物級の馬が出てきた。
来年以降もケガなく、ファンを楽しませる競馬を見せてほしい。

ここのところ、好調の馬券。
いつの間にか12月になっていて、GⅠレースも残り4つになった。
気持ちよく年を越すためにも、この良い流れを維持していきたい。

【収支 +90710円】

第19回・チャンピオンズカップ

◎ルヴァンスレーヴ
○サンライズソア
▲サンライズノヴァ
☆ノンコノユメ
△ケイティブレイブ
△パヴェル
△インカンテーション
△ウェスタールンド
△オメガパフューム
△アポロケンタッキー

ーこう買うー
ルヴァンスレーヴは私と同じ誕生日。
恐らく私の誕生日史上、最も強い馬。
これは応援しないわけにはいかない。
相手はサンライズソア。鞍上は今週で日本での騎乗がラストのモレイラ。絶妙の逃げでマジックを炸裂させそうな気配。
この2頭を軸に3連単勝負。

【買い目】
3連単
ながし
2頭軸マルチ
2ー9ー3・4・5・7・8・11・12・15
48点×100円:4800円

合計4800円

回顧・ジャパンカップ

1着 ○アーモンドアイ
2着 -キセキ
3着 -スワーヴリチャード
4着 ▲シュヴァルグラン
5着 -ミッキースワロー

2分20秒6
これまでのレコードタイムを1秒6も縮める驚異的な走りでアーモンドアイが勝利。
6着の◎サトノダイヤモンドまでがレコードタイムを更新する超ハイレベルな戦いでの圧勝劇。
これからこのタイムを更新できる馬は現れるのだろうか。
年度代表馬に選ばれるのは間違いないだろう。
これから日本を代表する馬として、凱旋門賞制覇を成し遂げてほしい。

歴史的なレースの目撃者にはなれたが、的中者にはなれなかった。
レース後のモレイラ騎手のコメントは
「勝った馬が強かった」
モレイラ騎手に限らず、他の騎手もそう言い残した。

7着のハッピーグリンも2分22秒2。
長く破られることのなかったホーリックス、オグリのタイムで走っている。
地方馬もまだまだやれるという意地を見た。

【収支 +68200円】

第38回・ジャパンカップ

◎サトノダイヤモンド
○アーモンドアイ
▲シュヴァルグラン

-こう買う-
天皇賞(秋)、エリザベス女王杯でお世話になったモレイラ先生を裏切るわけにはいかない。
サトノダイヤモンドが本命。
一昨年の菊花賞、有馬記念で見せたパフォーマンスはその後の飛躍を予感させたが、去年は期待外れの成績となってしまった。
もう終わったのかとも思われたが、前走の京都大賞典で復活。
本来の強さを取り戻せば、今回のメンバーで一番強いのはこの馬。
そこにモレイラが騎乗。
信じる。
アーモンドアイは走る度に強さを増している。古馬とは4キロある重量差も大きい。
外せない。
シュヴァルグランは去年の覇者なのに5番人気とおいしい。
馬連2点勝負。

【買い目】
馬連
1-3  3000円
3-9  2000円

合計5000円

虎観戦記 143【10/13】

ナゴヤドーム
阪神 010 000 010 1 3
中日 100 010 000 0 2
○藤川5勝3敗2S ●祖父江2勝2敗 Sドリス1勝7敗32S
阪神 竹安、高橋聡、岡本、望月、能見、桑原、藤川、ドリス
中日 柳、石川翔、ロドリゲス、佐藤、岩瀬、岡田、祖父江

最終戦は延長の末に勝利をもぎとり、金本監督へのささやかな贈り物となった。
「3年間いろいろ目をかけて朝練を付き合った選手が来年以降、芽が出て花が咲いてくれないと、僕まで悲しくなる。来年以降凄くきれいな花を咲かせてほしい」
来季以降のプランもあったであろうに、球団の反対派の画策により志半ばで職を辞する金本の心を癒すのは、彼が育てた若手の活躍に他ならない。
「しんどかったですね。やっぱり。全部僕が環境づくりををする能力がなかったからこういう結果になったわけで、選手たちは本当に一生懸命やってくれた。若い選手は自信を持ってほしい。どんどん失敗して、チャレンジ精神をもって、前向きに、前のめりになって沢山失敗してほしい」
恐らく、自分自身が広島で体験したことをそのまま言っているのではないだろうか。
広島と大阪とでは失敗したときの叩かれ方に大きな差がある気もするが、そんなことを言っていては一流の選手にはなれない。
若手の選手たちには、技術はもちろんだが、バッシングにも負けない強い心を育んでもらいたい。

金本監督、お疲れ様でした。

虎観戦記 142【10/10】

阪神甲子園球場
ベイ 000 100 000 1
阪神 000 001 10X 2
本 中谷5号
○能見4勝3敗1S ●今永4勝11敗 Sドリス1勝7敗31S
ベイ ウィーランド、濱口、砂田、三嶋、今永、バリオス
阪神 岩田、能見、藤川、ドリス

甲子園での最終戦は辛くも勝利で飾ることが出来た。
甲子園では過去最低となる21勝39敗2分。
度重なる雨天中止の影響も多大にあるが、観客動員は289万8976人。金本政権では最低の数字となった。
本拠地最終戦のセレモニーでの金本監督のスピーチは謝罪の弁に終始した。
そして、このセレモニーの裏で、金本解任派による工作が進んでいようとは。
10月11日付の記事で『金本監督続投』とあるのに、12日付の日刊スポーツ1面は『矢野、新監督』である。
久々に我らが阪神球団の得意技であるお家騒動が明るみに出た。
こんなことをしているようだと転落への道のりを着実に歩んでいるのではないかと危惧するが、我々ファンにはどうにもしようがないので見守るしかない。

さて、ベイのロペスが
一塁手シーズン守備率10割のプロ野球新記録を達成。
946度の守備機会で無失策。
ちょっと凄い。
PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード