FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

回顧・宝塚記念

1着 △リスグラシュー
2着 ○キセキ
3着 △スワーヴリチャード
4着 ☆アルアイン
5着 ▲レイデオロ

紅一点のリスグラシューが完勝。
1コーナーでは掛かってるように見えたが、そのまま2番手につけ、直線に入ると逃げ込みを図るキセキをスッとかわして、先頭に躍り出ると後続を一気に突き放す強い競馬だった。
鞍上はダミアン・レーン。オーストラリアの新進気鋭の若手騎手。短期免許期間中に2つのGⅠを勝った。なんだか複雑。日本の若手騎手も頑張ってほしいな。まあ、この状況を生み出しているのは一概に騎手の技量だけではないとは思うが。

本命のマカヒキはブービーの11着。
終始、最後方でレースを進めた。それも3馬身くらい離されて。さすがにもう少し前の方が良いと思って観ていたが、何かの秘策があるかもと見守る。そして、直線。全く弾けることなく終戦。なんてこったい。
下(馬場)を気にしてスタートから進んでいかなかった。直線を向いても全然で・・・
と岩田騎手。作戦でもなんでもなく、前に進めなかっただけだった。
他の馬も馬場の緩さを敗因に挙げていたので、良馬場発表ではあったが、かなり力のいる状態だったのだろう。
仕方ない。

これで春競馬は終了。
結局、的中できなかった。
だが、途中から100万円獲得計画に切り替えたので外れ続けることは織り込み済み。
スプリンターズステークスまでに勝負勘を磨いておこう。
必ずや秋に目標を達成して見せる。

【収支 -64500円】
スポンサーサイト

第60回・宝塚記念

◎マカヒキ
○キセキ
▲レイデオロ
☆アルアイン
△リスグラシュー
△スワーヴリチャード
△ショウナンバッハ

-こう買う-
マカヒキの復活に期待。
これまでコロコロと騎手が替わってきたが、最近の主戦は岩田康誠。
今回で4戦連続騎乗となり、同馬への最多連続騎乗騎手となった。
乗る機会が増えれば、当然馬との相性度も増していく。それが連続騎乗ともなればなおさらだ。
人馬の相性が今までで一番高まっているのがこのレースになる。
前走の大阪杯は4コーナーで最後方の位置取りから差のない4着。復活の兆しはもう見えている。
金子オーナーの所有馬はブラックホークやカネヒキリのように、時として復活劇を演じて見せることがある。
今回がその時だ。
安定感が抜群のキセキを相手に3連単で挑む。
△ショウナンバッハは枠順確定まで全く気にしなかったが、八村塁のNBAドラフト指名で急浮上。
この3日間、スポーツ紙の一面は八村一色。8番枠に入った同馬を素通りするわけにはいかない。
まして唯一の8歳馬。ここまで来れば馬券圏内への激走は有りうる。

【買い目】
3連単
ながし
2頭軸マルチ
7-1-2・4・11・12
24点×300円:7200円

7-1-8
6点×100円:600円

3連複
フォーメーション
8-1・2・7-1・2・3・4・7・11・12
15点×100円:1500円

合計8300円

回顧・安田記念

1着 -インディチャンプ
2着 △アエロリット
3着 ○アーモンドアイ
4着 -グァンチャーレ
5着 -サングレーザー

◎ペルシアンナイトは10着。
スタートで⑯ロジクライに寄られ、⑮ダノンプレミアム、⑭アーモンドアイ、とともに⑬ペルシアンンアイトも猛烈な不利を受けた。
思わず手綱を引き、位置取りは一気に後方へ。もともと前へ行くタイプではないが、意識的に後方へ位置どるのと不利を受けて下がらざるを得ないというのでは全く状況が異なる。
デムーロの思い描いていた展開はここで一気に崩れただろう。競馬なので、普段から想定通りにいくことは少ないだろうが、ここまで不利を受けてから巻き返すプランは名手をもってしてもなかろう。
デムーロは「スタートは良かったんだけど…」と憮然とした表情だったという。
ダノン陣営もアーモンド陣営も「スタートがすべて」とコメント。
加害馬の武豊は「3、4頭に迷惑をかけてしまった。申し訳ない」と素直に謝っている。
生き物と一緒に作るスポーツだから、こんなこともある。
仕方ない。
あの不利を受けても最速の上がりで馬券圏内までもってきたアーモンドアイの強さと粘り込みを図ったアエロリットのしぶとさ、インディチャンプの末脚を褒めたたえよう。

【収支 -56200円】
春GⅠはこれで宝塚記念を残すのみ。
全くあたらないが、最後に当たればそれでよし。
頑張ろう。

第69回・安田記念

◎ペルシアンナイト
○アーモンドアイ
▲ダノンプレミアム
☆モズアスコット
△アエロリット

-こう買う-
本命はペルシアンナイト。
アーモンドアイと隣の枠に入った。マークする馬がすぐ横にいた方がレースは運びやすかろう。そのアーモンドアイの横にはダノンプレミアムもいる。レース中に見ておかなければならない2頭の動きをじっくりと確認しながら進めるのはありがたいはず。
デムーロのココ一番で発揮する爆発力に期待。
3連単勝負。
アーモンドアイが4着以下になるシーンは考えられないし、競馬ファンとして観たくない。2頭軸の一角。
相手を3頭に絞る。
前走の走りが圧巻だったダノンプレミアム。衝撃的だった朝日杯FSの強さが戻ってきた。
昨年の覇者モズアスコット。この時も高速決着。さらに早い決着も考えられるが、1年経ち馬も成長した。新星坂井瑠星の思い切りのいい騎乗を買いたい。
ヴィクトリアマイルのレコードを演出したアエロリット。同じ舞台で更なる相手強化。一見分が悪そうだが、この馬も叩き2戦目で状態はアップ。馬券圏内まで粘れる。

【買い目】
3連単
ながし
2頭軸マルチ
13-14-2・7・15
18点×300円:5400円

合計5400円

回顧・日本ダービー(東京優駿)

1着 ▲ロジャーバローズ
2着 ◎ダノンキングリー
3着 -ヴェロックス
4着 ○サートゥルナーリア
5着 ☆ニシノデイジー

これは悔しい結果になった。
サートゥルナーリアが3着に粘れていれば
3連単 945.4倍を500円持っていたので
47万円の配当だったのに。。。
印をつけた全4頭が掲示板に入る優秀な予想だったが、勝利を手にすることはできなかった。
無念。

サートゥルナーリアは発走前からいれ込み、その様子がターフビジョンにも映し出され、場内もざわついた。
そして、スタンド前の大観衆のファンファーレに合わせた大声援。
落ち着きを取り戻せと言うのは酷だろう。
スタートで立ち上がり出遅れてしまった。
返し馬で状態の良さは伝わってきた。ただ、時間がたつに連れ、テンションが上がった。ゲートでは一度は落ち着いたが、開いたときに立ち上がってしまった。早めの仕掛けを強いられる形になってしまいました
とレーン騎手。
単勝1.6倍の馬でも、乗り替わりでダービーを制することはできなかった。
これが日本ダービーなのだろう。

これがルメールだったら3着に残っていただろうか。
などと未練がましいことを考えてしまうが、そんなことをいくら頭によぎらせても一銭にもならない。
1日のトータルではプラス収支になったことを明日への推進力に安田記念へ頭を切り替える。

【収支 -50800円】

第86回・日本ダービー(東京優駿)

◎ダノンキングリー
○サートゥルナーリア
▲ロジャーバローズ
☆ニシノデイジー

-こう買う-
サートゥルナーリアは強かろう。単勝1倍台の支持率がそれを物語る。
だが、レーンに勝たれるのがどうにも納得いかないというか、腑に落ちないというか。
オーストラリアから来た25歳の若者にスンナリとダービージョッキーの称号を与えて良いのか?
というわけで、レーンに勝たれるくらいなら、戸崎に勝ってもらいたいという思いからダノンキングリーを本命に推す。
ディープインパクト×ストームキャットの黄金配合がサートゥルを逆転できないか。
東京コース2勝の実績、特に共同通信杯はアドマイヤマーズを寄せ付けなかった。
そして最後は気持ち。ダービーに懸ける思いはレーンよりも戸崎の方が強かろう。その気持ちで競り勝つ。
相手にサートゥルは入れざるを得ない。
ロージャーバローズの粘り、ニシノデイジーの大駆けに期待して3連単勝負。

【買い目】
3連単
ながし
2頭軸マルチ
7-6-1、9
12点×500円:6000円

合計6000円

回顧・オークス(優駿牝馬)

1着 -ラヴズオンリーユー
2着 -カレンブーケドール
3着 ○クロノジェネシス
4着 △ウィクトーリア
5着 △ダノンファンタジー

◎フェアリーポルカは見せ場なく16着。
「外々を回らされて枠なりの競馬になってしまった。」
と幸騎手。
まだまだGⅠの舞台ではきつかったか。距離も長いように見えた。

それにしても外国人騎手に勝たれすぎじゃなかろうか。
ルメールがいなくてもレーン、デムーロに勝たれてしまうこの現状に寂しさを覚える。
カレンブーケドールは惜しかった。津村騎手にクラシックの栄冠を獲らせてあげたかったが、ラヴズオンリーユーの末脚に屈した。
外国人騎手と日本人騎手、何が違うのだろう。
中央の騎手は外国人でなくとも、地方出身騎手にも後塵を拝してきた時代がある。
何が原因なのかはいろいろの要素があるのだろうが、もっと対等に渡り合える騎手の出現が待たれる。そうでないと、日本の競馬は外国人騎手の草刈り場になってしまう。
武豊以来長くスタージョッキーを生み出せていないのも切ない。

さて、来週は日本ダービー。
日本競馬が一番熱くなる日を、存分に楽しみたい。
そして、当てたい。
【収支 -44800円】

第80回・オークス(優駿牝馬)

◎フェアリーポルカ
○クロノジェネシス
▲コントラチェック
☆シゲルピンクダイヤ
△ダノンファンタジー
△シャドウディーヴァ
△ビーチサンバ
△ウィクトーリア

-こう買う-
出来が良い、と陣営が胸を張るフェアリーポルカで穴馬券を狙う。
キャリア4戦中3戦を2000mで走ってきた経験が他の有力馬を退けられないか。
抽選突破の運を勢いに、大駆けを期待。
クロノジェネシスとの3連単勝負。

【買い目】
3連単
ながし
2頭軸マルチ
14-2-3・7・8・11・12・16
36点×100円:3600円

合計3600円

回顧・ヴィクトリアマイル

1着 △ノームコア
2着 ◎プリモシーン
3着 ▲クロコスミア
4着 △ラッキーライラック
5着 △アエロリット

印だけ見れば当たっているように見えるが、○ワントゥワンとの3連単勝負なのでかすりもしていない。
そのワントゥワンは16着。
中谷騎手は
「時計が速すぎる。追走でいっぱいになった。前が止まらなかった。」
それもそのはず、ノームコアがたたき出したタイムは
1.30.5
持ち時計の速い人気薄の馬、ということでのワントゥワンを指名したが、こんなに高速決着になってしまっては出番なし。

近年、やたら速いタイムが出る東京コース。
馬への負担が心配だが、その不安は的中し、ノームコアは骨折してしまった。
高速馬場との因果関係はわからないが、競馬はタイムトライアルではない。
速いタイムが出る馬場よりも、馬への身体に優しい馬場の方が目指す方向だと思う。

【収支 -41200円】

第14回・ヴィクトリアマイル

◎プリモシーン
○ワントゥワン
▲クロコスミア
☆レッツゴードンキ
△ラッキーライラック
△ノームコア
△アエロリット
△デンコウアンジュ
△カンタービレ
△フロンテアクイーン


-こう買う-
1分31秒6の持ち時計をもつワントゥワンに期待。過去10年で1分33秒台決着は1度だけ(17年・アドマイヤリード 稍重)。他はすべて31秒後半~32秒前半のレースだった。であるなら、速い流れを経験したことのある馬に利がある。
ワントゥワンの持ち時計は新潟で記録したものとはいえ、優秀なタイム。
弾ければ豪脚を繰り出せる馬。まとめて差し切る能力がある。
中谷騎手というのが不安だが、意外な馬や若手騎手が勝つのもこのレースの特徴。
一世一代の騎乗に期待したい。
プリモシーンとの3連単勝負。

【買い目】
3連単
ながし
2頭軸マルチ
12-9-2・3・4・6・8・11・14・15・18
54点×100円:5400円

合計5400円
PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード