fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

第23回・チャンピオンズカップ

◎オーヴェルニュ
○サンライズノヴァ

-こう買う-
ワールドカップがまだ頭の中から離れない。
スペインに逆転で勝つ、という奇跡を成し遂げた日本。
その逆転弾を決めたのは田中碧。
アオ枠を買わずして何を買う。
4枠の2頭の激走に期待。
ドイツとスペインに勝つ、なんてことは誰も考えてなかった。
断然人気のテーオーケインズに勝つ、そんな奇跡が起きてもおかしくない。
まあ、勝たずとも馬券に絡めば。。。
複勝勝負。

【買い目】
複勝
3000円

2000円

合計5000円
スポンサーサイト



回顧・ジャパンカップ

1着 -ヴェラアズール
2着 -シャフリヤール
3着 -ヴェルトライゼンデ
4着 ○デアリングタクト
5着 -ダノンベルーガ

①シムカミル15着。
⑧デアリングタクトは4着。
⑱ボッケリーニは17着。
サッカー日本代表にあやかった馬券は惨敗だ。
それもそのはず、日本代表はドイツ戦以上の輝きをこの後にもたらすからだ。
まだ、あやかるには早い。そういうことだろう。

それでもデアリングタクトがもう少し頑張っていれば馬券は的中だった。
直線で前が開かなかったことに尽きますね。一瞬、開いて入れそうだったがすぐに閉まってしまった。外を回さざるを得なかったし、あと30メートルあれば結果は違っていたかも。でも本当に素晴らしい牝馬ですね。
と、マーカンド騎手。
惜しかったのだ。無念。

シムカミルは直線でもう脚が残っていないように見えた。
逃げ馬の後ろで気持ちよく走ることができましたが、最後は加速できませんでした。まだ幼いところがあるのでもっと経験を積んで、また来年帰ってきたいと思います。
と、ブノワ騎手。

ボッケリーニは勝負になっていなかった。
外枠は正直しんどかったですね。スピードが要求される硬い馬場も合わなかった。好位からレースできたが、どこかで内に潜り込みたかった。ラストは切れる馬にやられてしまいましたが、初めてのGⅠでいい経験ができました。
外枠が厳しいことが分かっていたなら、レース前に教えてほしいものである。

秋GⅠは残り5戦(障害除く)。
まだまだ巻き返せる。

【収支 -27000円】

第42回・ジャパンカップ

◎シムカミル
○デアリングタクト
▲ボッケリーニ

-こう買う-
ワールドカップである。
4年に一度、32ヶ国が真剣勝負でサッカーをする。
それが連日観られる。楽しくないはずがない。
それなのに世間の雰囲気はこれまでの大会に比べて盛り上がりがイマイチだったように思えた。が、サウジアラビアがアルゼンチンに勝利し、日本がドイツに勝利するというサッカーならではのジャイアントキリングが立て続けに起こり、サッカーの面白さに再び世間が振り向き始めたように思う。

その日本対ドイツ戦。
これまで無能に思えた森保監督の見たことのない采配がことごとくハマり、口だけだった堂安律が同点弾を決め、縁故採用でしかないと思っていた浅野拓磨が信じがたいトラップからゼロ角度でノイアーから逆転弾を決めるという奇跡的な試合だった。
まだ1勝しただけだが、今後の展望に大きな夢を与えてくれている。
ということで、ジャパンカップ後の19時キックオフの対コスタリカ戦がとても重要なわけだが、それを後押しすべく森保監督の1番、堂安律の背番号8番、浅野拓磨の背番号18番の馬に頑張ってもらおう。

今年のジャパンカップは混戦模様。
①シムカミル、⑧デアリングタクト、⑱ボッケリーニにもチャンスは大いにある。
複勝勝負。

【買い目】
複勝
1・8・18
各2000円

合計6000円

回顧・マイルチャンピオンシップ

1着 -セリフォス
2着 -ダノンザキッド
3着 -ソダシ
4着 -ソウルラッシュ
5着 -シュネルマイスター

◎に推したジャスティンカフェは6着。
直線の手応えが抜群で、これはズバリ的中かと思ったが。。。
状態はとても良くて、4角を過ぎるときの勢いも凄かった。突き抜けるような手応えだったけど、前の馬がフラついていて…スムーズだったら。もったいなかったです
この福永騎手のコメントの通り。
無念の結果に終わった。

と書きつつ、じつはセリフォス-ダノンザキッドの馬連を持っていた私は、ジャスティンカフェの伸び悩みを尻目に2着に突っ込んできたダノンザキッドの姿に歓喜の声をあげていた。
とりあえず、前日の東京競馬場での負債はキレイに返済することが出来てウハウハであった。

が、このブログ上では当たっていないので、次こそは的中させたい。

【収支 -21000円】

第39回・マイルチャンピオンシップ

◎ジャスティンカフェ

-こう買う-
昨日、久しぶりに東京競馬場へ出掛けたが惨敗に終わった。
このマイナスを何とか取り戻したい。
借金返済の使者をジャスティンカフェに指名。
豪脚で強豪たちをねじ伏せてもらおう。
単勝勝負。

【買い目】
単勝

5000円

合計5000円

回顧・エリザベス女王杯

1着 -ジェラルディーナ
2着 -ウインマリリン
2着 -ライラック
4着 -アカイイト
5着 -ナミュール

本命に推したウインキートスは15着。全く見せ場なしに終わった。
「ゲート裏でまったく進まなかったほどで、走れる精神状態ではありませんでした。期待を持って臨んだGIレースなのに何もできずに申し訳ありませんでした」
と松岡騎手。
しょうがないね。
走れる精神状態ではないのに、2200m走ったことを褒めてあげよう。

【収支 -16000円】

第47回・エリザベス女王杯

◎ウインキートス

-こう買う-
阪神競馬場は午前10時くらいからずっと雨。
難解なレース展開をさらに複雑化させる。
本命はウインキートスで。
雨が得意かどうかはわからないが、距離実績の良さと人気薄の松岡騎手の勝負強さに賭けたい。
前目で最後まで粘りきっておくれ。
複勝で。

【買い目】
複勝

3000円

合計3000円

回顧・天皇賞(秋)

1着 -イクイノックス
2着 -パンサラッサ
3着 ◎ダノンベルーガ
4着 -ジャックドール
5着 -シャフリヤール

ダノンベルーガは無念の3着。
複勝で買う、という選択肢はなかったから、この勝ち馬券を仕留めるには3連単か3連複勝負であった。
去年の有馬記念では本命にしたパンサラッサを信頼しきれなかった己の弱さを呪おう。日々勉強。

イクイノックスもパンサラッサも強かった。
見応えのあるレースだった。
ダノンベルーガもいずれはGⅠ馬になれると思わせる走りだった。

【収支 -13000円】

第166回・天皇賞(秋)

◎ダノンベルーガ -こう買う- 先を急ぐ馬と後ろから急襲馬の決戦。見ごたえがありそう。 ここは.460超えという驚異の騎乗連対率を誇る川田のダノンベルーガの末脚に賭けてみよう。 共同通信杯の強さを再び東京の地で。 単勝。 【買い目】 単勝 5 3000円 合計3000円

回顧・菊花賞

1着 -アスクビクターモア
2着 -ボルドグフーシュ
3着 -ジャスティンパレス
4着 -ドゥラドーレス
5着 -シホノスペランツァ

◎ヤマニンゼストは6着。
道中はずっといい感じでしたが、4角だけうまくさばけませんでした。もったいなかったです。あそこがうまくいっていれば、4着はあったと思います。
と武豊。
うまくいっても4着だったのなら買った私が悪い。
ただ、後方からなんだかんだ6着まで来たので、力はある馬だと思う。

前を行く馬(アスクビクターモア)と、後ろから来る馬(ボルドグフーシュ)がゴール前で競るレースは見応えがあって楽しい。
皐月賞馬、ダービー馬、ダービー2着ばと有力馬が不在という中での戴冠なので、アスクビクターモアの評価は急激には上がらないだろう。天皇賞(秋)でその三歳馬が活躍すればなおさらだ。
この上がりきらない評価を有馬記念に出て払拭してほしい。

【収支 -10000円】
PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード