FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

回顧・宝塚記念

1着 ▲クロノジェネシス
2着 -ユニコーンライオン
3着 -レイパパレ
4着 ○カレンブーケドール
5着 ◎キセキ

ハズレ。

スプリンターズステークスの前に回顧しなきゃと、3ヶ月前のレースを振り返る。
本命のキセキは5着。
2着だったユニコーンライオンが終始先頭で引っ張り連まで粘った。このレースをキセキはしたかった。1番枠のユニコーンライオンと13番枠のキセキ。スタートからの位置取りで脚を使った奇跡と
すんなり行けたユニコーンライオン。この差は大きかった。そして、その差をはね返す力はキセキにはもうない。全盛期ではないから。

ユニコーンライオンは7番人気。本当はこういう馬を本命にして当てたいのにな。
無念である。

この反省を生かし、秋GⅠシリーズに臨みたい。

【収支 -67200円】
スポンサーサイト



第62回・宝塚記念

◎キセキ
○カレンブーケドール
▲クロノジェネシス
☆モズベッロ

-こう買う-
当ブログ春GⅠ初的中はキセキに託す。 幾多の名馬たちと接戦を繰り広げた底力に賭けたい。
昨年終盤でもう終わったかと思わせたが、今年になって再び復調。香港のQエリⅡ世Sは4着ではあったが脚色は鋭く衰えていないところを見せてくれた。
ダービー3勝ジョッキー(福永)の手綱さばきで復活勝利を果たす。
対抗はカレンブーケドール。前走に続きまたがる戸崎が「前より良い」と手応えをつかんでいる。距離の長かった春天から適距離になり、なおかつ上り調子なら勝ち負けだ。
ということで、この2頭軸で3連単勝負。

【買い目】
3連単
ボックス
7・10・13
6点✕1000円:6000円

10・11・13
6点✕500円:3000円

合計9000円

回顧・安田記念

1着 -ダノンキングリー
2着 ◎グランアレグリア
3着 -シュネルマイスター
4着 -インディチャンプ
5着 △トーラスジェミニ

ダノンキングリーはクラシック戦線を戦っていた頃にひいきしていた馬だった。
こういう馬に穴をあけられて勝たれると負けたショックも大きい。
トーラスジェミニに一瞬だけ夢を見たが、あの展開で粘り切れるならもっと人気になっている。でも、よく粘ってた。
期待したサリオスは8着だった。見る目無いなぁ、私。今更だけど。

次の宝塚で春GⅠ終了。
また、的中無しで終わってしまうのか。。
わたし、こんなに下手だったかしら。。。

【収支 -58200円】

第71回・安田記念

◎グランアレグリア
○サリオス
▲ギベオン
☆ダイワキャグニー
△トーラスジェミニ

-こう買う-
グランアレグリアと休み明けを叩かれたサリオスの力は上位。
そこに人気薄が絡んできて高配当。という展開を望む。
馬単勝負。

【買い目】
馬単
ながし
5-2・3・9
3点×1000円:3000円

ながし
1-2・3・9
3点×500円:1500円

合計4500円

回顧・日本ダービー(東京優駿)

1着 -シャフリヤール
2着 △エフフォーリア
3着 -ステラヴェローチェ
4着 -グレートマジシャン
5着 -サトノレイナス

山形への道中でスマホ観戦した年に一度の祭典の結果は無惨だった。
◎ヨーホーレイクは7着。
ずっと力みっぱなしの競馬でした。僕自身がうまく乗れませんでした。
鞍上の川田がレース後にコメントしたように、本当に下手くそに乗ったな、としか言葉が出てこないレースぶりだった。
直線で進路を探してあっちへウロウロ、こっちへウロウロ。見事な鮒侍競馬をしてくれた。
こんな馬を本命に推す私も世間知らずの鮒侍。
馬券を外したこの恨み、必ずや晴らして見せる。

レースは10cm差の僅差で決まる好勝負だった。
どうせなら横山武に勝たせてやりたかったな。

【収支 -53700円】

第88回・東京優駿(日本ダービー)

◎ヨーホーレイク
○グラティアス
▲ワンダフルタウン
☆タイトルホルダー
△エフフォーリア

ーこう買うー
ヨーホーレイクに本命を託した。
7年前のダービーはこの馬の兄に◎を打った。ベルキャニオンだ。
ベルキャニオンは7着に敗れたが、その仇を7年越しに打ってもらおう。
鞍上の川田にはヨーホーレイクと同厩舎のレッドジェネシスというお手馬がいる。5戦連続でまたがり、前走の京都新聞杯も制している有力馬の1頭だ。にもかかわらず、今まで一度も乗っていないヨーホーレイクを選んだ。こちらの方が勝負になると確信しての決断だろう。
皐月賞では5着に敗れたが、最後まで脚は伸びていた。直線が長くなる東京ならば、その差は縮められる。
◎から印へ3連単ながし1頭軸マルチで勝負。

【買い目】
3連単
ながし
1頭軸マルチ
8-1・7・12・14
36点×200円:7200円

合計7200円

回顧・オークス(優駿牝馬)

1着 ○ユーバーレーベン
2着 △アカイトリノムスメ 
3着 -ハギノピリナ
4着 -タガノパッション
5着 -アールドヴィーヴル

失敗した。
なぜ、ハギノピリナから買わなかったのか。
藤懸騎手、高野調教師がともに「自信あり」と土曜日も日曜日も新聞にコメントしていた。
普段のレースの陣営コメントの信頼度は50%くらいだが、GⅠ時のコメントは80%くらいまで増す、というのがこれまでの競馬人生で得た教訓。
人気がない割にハギノピリナ陣営のコメントはやたら強気だった。これを鵜呑みにする勇気がなぜなかったのか。ウインアグライアから買える勇気があるのなら、ハギノピリナからも買えたはずだ。
そのウインアグライアは15着。
ロスなく競馬できたけど、追い出してから伸びませんでしたね。
コメント通り。内枠からまずまずのスタートで経済コースを取り、先行集団の一角を形成して直線手前から追い出したが手応えはイマイチで、良いところなく馬群に埋もれていった。

これもまた教訓。この失敗を糧に来週の日本ダービーに挑もう。

レース自体はラフィアン生産のユーバーレーベンが亡き岡田繁幸総帥に捧ぐクラシック制覇で、非常にドラマチックだった。最近はかつてほどの輝きを放てないでいるミルコ・デムーロが勝利したというのも悪くない。

【収支 -46500円】
来週はロケ地への移動中の車中で挑むことになる。スマホの小さい画面での観戦を強いられるが、観られるだけマシだ。最高のロケにするためにも、的中させたい。

第82回・オークス

◎ウインアグライア
○ユーバーレーベン
▲クールキャット
☆ソダシ
△ファインルージュ
△アカイトリノムスメ

-こう買う-
昨年のオークスはこのブログでは外れているが、ウインマリリンとウインマイティーのワイド馬券を購入していて儲けている。
受けた恩は忘れずに大事にするのが人の道。
ウインアグライアに託す。
人気どころに馬連でながす。

【買い目】
馬連
ながし
6-5・7・9・11・13
5点✕1000円:5000円

合計5000円

回顧・ヴィクトリアマイル

1着 ☆グランアレグリア
2着 -ランブリングアレー
3着 -マジックキャッスル
4着 ▲ディアンドル
5着 -シゲルピンクダイヤ

80万円獲得計画の第1弾馬券はもろくも敗れ去った。
残り200mまで2着争いにところまで粘っていたクリスティ。必死で声援を送ったが10着に終わった。
道中はリズムはよかったですし、相手が強かったです。まだ4歳なので、これから成長していけば。
斎藤新騎手は今後の成長を期待していた。
強かったのはグランアレグリアだけ。来年も出てくればやってくれるかもしれない。
クリスティが勝負圏内から脱落した後に心を奪われたのはディアンドル。
しぶとく伸びて3着争いに加わっていたが、あと一歩足りずに4着。
頑張ってくれました。展開も前に行く馬が多くて思った通り。直線もしっかり反応してくれた。昔より走りが良くなっている。
と語る団野騎手。
ジョッキーがここまで手応えを感じていて4着ならば実力負けなのだろう。

本命に推したイベリスは心房細動で18着。気の毒だ。元気になってほしい。

ヴィクトリアマイルは残念な結果になったが、安心してほしい。
東京6レースを獲り、新潟の最終レースも仕留め、最終的な週末トータルはプラス5000円。
80万円には程遠いが、負けないことが大事なのだ。むしろ勝っている。
レース勘はまずまずということだ。
来週、また頑張りたい。

【収支 -41500円】

第16回・ヴィクトリアマイル

◎イベリス
○クリスティ
▲ディアンドル
☆グランアレグリア
△サウンドキアラ
△テルツェット

-こう買う-
冷静に今年の馬券成績を振り返ってみる。
4月の1週目までは回収率は100%を超えていた。
それが、今は80%にまで落ち込んでいる。
そう。GⅠシーズンに入ってから急激に成績が落ちているのだ。
由々しきことである。6月1週目まで毎週GⅠは続くのだ。このまま何も手を打たなくては現政権のようにズルズルと泥沼に陥り、オリンピックも中止にせざるを得なくなってしまうかもしれない。
イヤだ。オリンピックは見たい。何とかしてほしい。

政権はともかく、私は何とかする。
週末単位で数えると、1年間で競馬は52回開催される。
私の1週間の投資金額は平均2万円である。
これを全部スッたとすると104万円のマイナスになる。なかなかの金額であるが、これまでの競馬人生を振り返ってもここまで損したことはない。が、1年をプラス収支で終われたことも無い。毎年、JRAの売り上げに貢献してしまっている。
そんな与えてばかりの競馬人生を変えよう。受け取る側の人間になろう。
12月まで残り7ヶ月。競馬は今週を含めて33回ある。この33回を全てスッたとして66万円のマイナス。今日までの負けを加味して80万円の馬券を獲れば、余裕で年間でプラス収支である。
今日から、このブログで狙うのはこの数字を獲るための馬券にする。

当ブログ生まれ変わりの第1弾となる記念すべき本命馬は逃げ馬だ。
2014年のヴィルシーナ。11番人気で逃げ勝った。
2015年のケイアイエレガント、ミナレットは2、3着。12番人気と18番人気だった。
それからしばらく逃げ馬の活躍はないが、忘れたころにやってくるのが穴馬だ。
この3頭から▲以下3頭にワイドで流す。
配当は80万円にはならないが、まずはコツコツと稼いでいく。
※最大配当約25万円。

【買い目】
ワイド
フォーメーション
3・4・14-6・9・12
9点×500円:4500円

合計4500円
PROFILE

イマニシケンタ

Author:イマニシケンタ
猫が好きで
馬が好きで
虎が好き。

人生の目標はダービーオーナー。

NEW ENTRY
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
COUNTER
RSSリンクの表示
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード